TOP TOP

玄米甘酒の作り方


玄米   2カップ
水    5カップ

玄米糀  300g

40℃のお湯    1/2カップ
自然海塩      ひとつまみ

1.よく洗った玄米2カップを5カップの水に

  前日から浸水して圧力鍋か土鍋で炊く。

 

  圧力鍋の場合は沸騰して弱火にしてから約30分、

  土鍋の場合は沸騰して弱火にしてから約50分炊く。


2・炊き上がった玄米粥を40℃程度の温度まで冷ます。


3.ご飯が冷めるまでの間に、ボウルに玄米糀を入れ

  約40℃のお湯1/2カップ注ぐ
  (麹を柔らかくして、酵素の働きを活発にするため)


4.40℃程度に冷めた玄米粥に麹を加え、よく混ぜる


5.約40℃の場所に6〜8時間甘い香りが出るまで保温。


  高温になりすぎると麹菌が死んでしまうので
  1時間に一度は確認しながら混ぜる

長期保存したい場合は、自然海塩1つまみ入れて

弱火で30分ほど煮る。


マグノリアでは玄米糀も手作りしていますが
自然食品店で販売している玄米麹でも可能
出来れば玄米も麹も無農薬のもので。

冬場だと炬燵の中での保温も可能ですし
炊飯ジャーをお持ちの方は蓋を開けたまま
濡れ布巾を被せて保温もできます。
色々と工夫しながらご自分に適した
玄米甘酒をお作りくださいね。

 

出来上がった玄米甘酒は一度フードプロセッサーで

撹拌すると甘味が増します。

一回分(約90g〜100g)を小分けにして

冷凍しておくと便利ですよ。

倍量のお湯で溶かせば美味しく飲めますし

蓮根の絞り汁と一緒に煮ると喉のお薬にも。

そのまま和え物などにも使えます。

 

甘味料を一切使っていないのに甘くて美味しい

ノンアルコール甘酒で体を整えてくださいね。



 

高きびと板麩のラザニア


材料(4人分)

板麩                     4枚

天然酵母パン粉           少々

 

【高きびミートソース】

高きび                  300g

玉葱                     200g

セロリ                  50g

にんじん              75g

昆布だし              2と1/2カップ
醤油                     /4カップ

にんにく              1片(好みで)

豆味噌                  10g

麦味噌                  10g

海の精                  少々

オレガノ              少々

 

【アーモンドクリームソース】

アーモンド              100g

豆乳                     /2カップ

                         /8カップ

海の精                  ひとつまみ

 

     アーモンドクリームを作る。全ての材料をフードプロセッサーに入れなめならになるまで攪拌。

     高きびミートソースを作る。圧力鍋で高きび1に対して1.2倍の水を入れて20分くらい炊く。

     鍋にオリーブオイルを入れて中火にし、野菜の微塵切りを入れて野菜の甘みが出るまで15分〜20分炒める。

     の鍋に昆布出しと高きびを入れて煮詰め、2/3の量にする。

     煮詰まったら2種類の味噌、醤油、塩を入れて味を調える。

     板麩はお湯でもどして開き、水気をよく拭いておく。

     グラタン皿に高きびミートソースの1/4量を平らに流し込み板麩をのせる。

     Г糧提呂両紊砲發Π貪戰宗璽垢鯲し込み、これをあと2回繰り返す。

一番上のソースにアーモンドクリームをかけ、パン粉をふり、180℃のオーブンで10分位焼く。

板麩・高きびはネットでも購入できます。ぜひお試しくださいね。

驚くほどお肉そっくりの大豆唐揚げ


ほんの少し手間を加えるだけで
大豆たんぱく(乾物)が驚くほど
お肉そっくりの食感と味になるの
ご存知ですか?

マグノリアの秘密の下味教えます


驚くほどお肉そっくりの大豆唐揚げ

大豆たんぱく   50g

水          500cc
自然海塩     小さじ1/2〜小さじ1

マリネ液
 昆布だし     200cc
 醤油       大さじ1
 本味醂      大さじ1/2
 にんにく      小さじ1(すりおろし)
 生姜        小さじ1(すりおろし)
 パプリカ      小さじ1/2(もしくはカイエンヌペッパー)
 自然海塩     小さじ1/4

①鍋に水・自然海塩を沸かし大豆たんぱくを入れ
 落し蓋をして15分煮る。その後15分蒸らし。
 ざるに取り水気を切る。
②マリネ液をいれ①を入れ沸騰したら火からおろす。
③全粒強力粉をまぶし170〜180℃で揚げる



好みでレモン汁やオレンジジュースを
醤油で割ったもので味付け
もちろんそのままでも可!


ポイントはしっかりと塩分を含ませること
乾物をしっかりと塩で味付けすると
より陽性な味になり食感もお肉に似てきます

小麦粉も全粒強力粉を使うことで
グルテン質が増しお肉そっくりの仕上がりに

少しの手間を加えるだけで
ご家族も驚く大豆唐揚げの出来上がりです

このレシピ通りに作っても
美味しく作れない方は!
マグノリア料理教室にいらしてください
毎月第一・第二金曜日です


因みにマグノリアで使用している大豆唐揚げはこちら

自宅で作れる豆乳ヨーグルト


有機無調整豆乳   1L
無農薬玄米      大さじ1
水   1カップ

たったこれだけで〜?と思うでしょ?
出来るんです!

無農薬玄米をさっと洗って1カップの水に
一晩浸水しておきます

その水大さじ1を豆乳に加え
数日常温で置くとヨーグルトになってます

固まったら冷蔵庫に入れて1週間以内に
お召し上がり下さい。

減った分だけ豆乳を注ぎ足すと
ずっとヨーグルト作れますよ

重要なのは、農薬も一切使用していない
原料を選ぶこと。

自然に存在する様々な発酵菌は
自然栽培の作物には自然についてるんです

自然のものを食べて 自然な体を作りましょ!




因みにこれは水を注いで1日目のヨーグルト!
ちょっと緩かったけど、我慢できず
無農薬ブルーベリーソースでいただきました!

あらめときんぴらのサラダ


マグノリア定番
あらめときんぴらのサラダ

水菜やレタスと合わせることで
あっさりとしたサラダ風きんぴら
が出来上がります

あらめは最も中庸な海藻として
マクロビオティックではよく使う
海藻です

さっと水に戻してサラダに入れるだけ
お手軽で簡単 しかも美味しい!

食事の5%位は海藻を入れ
ミネラル補給を心がけてくださいね!

材料(4人分)

ごま油        大さじ1
ごぼう        100g
人参           60g
玉葱          60g

カイエンヌペッパー 適宜
(鷹の爪でも一味でも可)

無農薬醤油 小さじ2
本味醂    大さじ1
生姜汁    小さじ1
白炒り胡麻  小さじ1

あらめ     10g

水菜      1/4束


1 胡麻油を熱し、玉葱→牛蒡→人参を炒め
  カイエンヌペッパーを入れる
2 牛蒡・人参が柔らかくなったら本味醂
  無農薬醤油を加えさっと和え、仕上げに
  生姜絞り汁と炒り胡麻を加える

3 2の粗熱がとれたら、あらめ、水菜と和え
  盛り付け
  炒り胡麻を少しふりかける

*ドレッシングはあっさりしたものを少量お作りください
 マグノリアでは季節によってドレッシングを変えます
 今の季節だとすだちや柚子とメープルシロップ純米酢
 だけのドレッシングを作ったり 定番醤油とマスタードの
 ドレッシングで和えたりします

 醤油とマスタードのドレッシング → 

 

また季節によってきのこを加えて
軽めのきんぴらにしたり
サラダにラディッシュを加えたり
工夫次第でとっても美味しい一品に
なりますよ!

因みに季節によって油も変えたりします
最も陽性な胡麻油→菜種油→オリーブオイル
の順で天候を見ながら油や調味料の量
加熱時間、鉄鍋かステンレスか?などなど
色々工夫しながら どの季節に食べても
美味しくて 体に負担の無いきんぴらを
作っています

そして一番最後に生姜を入れること!
とても美味しくなるばかりか
生姜ってね、皆さん体を温めるだけって
思ってるでしょう?
生姜には陰陽両方の働きがあって
熱すぎた体を冷まし、冷えすぎた体を温める
不思議な力があるんです
梅干も同様 生姜と梅干は台所に欠かさず
置いてくださいね!

ぜひご家庭でお試しください

玄米サラダライス!


玄米は食べ辛い
そう思っていませんか?

炊き方次第で
どんな季節でも
美味しくいただけます

全ての食材にいえることですが
季節によって
調理時間・調理器具・調味料の量を
変えることで365日季節に合わせた
美味しいお料理が作れます

この玄米サラダは
食欲が減退する
暑い夏の日によく作る一品

圧力鍋や土鍋を使わず
玄米を茹でこぼします

強火で沸騰させた大量のお湯に
洗ってざるにあげておいた玄米を入れ
3〜40分ほど茹でこぼす
好みの硬さ(柔らかさ)になったら
ざるにあげて流水で洗う

たったそれだけで
あっさりとした
粘り気の無い
美味しいサラダライスの出来上がり!

あとは好みの具材と混ぜ合わせ
オリーブオイル・レモン汁・自然海塩・胡椒
などで味付けするだけ



穀物は食物繊維やミネラルが豊富なので
毎日摂りたいですよね
こんな風にサラダにすると
とっても食べやすくなります


パーティーなんかの時も活躍しますよ(^ ^)


トマトとバジルの冷製パスタ


我が家の夏の定番料理です


これはとても急いで作ったので湯剥きせず(^^;;

完熟トマトを湯むきし一口大に手でちぎって(*1)
自然海塩(フライパンで5分ほど炒ったもの(*2))
とホワイトペッパーで和えておく。
(ハーブソルトでも美味)
バジルを手でちぎったものを加え
最低でも三十分以上は冷蔵庫で冷やしこむ。
(長く置くほどトマトジュースが出て美味)

パスタを茹でて、ザルに上げ、
良質のオリーブオイルで和えた後(*3)
流水で粗熱を取る。
氷で少し冷やしたっぷりのトマトソースをかけて出来上がり。


(*1)トマトは出来るだけ刃物を入れない方が良いと何かで読んで以来、そうしています。

(*2)料理教室では何度も説明させて頂いていますが、生塩は内臓に負担がかかるので、そのまま食べる場合は最低でも5分位炒ったものを使います。
ごま塩を作る時もそうですが、加熱する事により体への負担が軽減されます。おにぎりやテーブルソルトとして塩を使う場合も5分位炒った焼塩をお使いする事をお勧めします。

(*3)暖かい内にオリーブオイルで和える事によって油膜が出来、流水で洗っても氷で冷やしこんでも、麺が伸びません。


とても簡単なレシピですが、体を急激に冷やので、炎天下で運動したり仕事したりする人向けの真夏の料理です。我が家の娘の友人たちに大人気の夏のメニュー。ただし、冷房の中座って仕事している方はより冷えてしまうのでご注意を。

次回は我が家の夏の定番その2カポナータ(ラタトゥイユ)でもご紹介しますね(^ ^)

インド風ピクルス


数十年ぶりに作ったインド風ピクルスが絶品だったので再度レシピのご紹介!

水 1/2カップ
酢 1/2カップ
塩 小さじ1
砂糖 小さじ2(私は甜菜糖)
ターメリック 小さじ1
大蒜 小さじ1
生姜 小さじ1

全ての材料を鍋に入れ沸騰したら胡瓜を入れて約1分煮て出来上がり(笑)
クローブは好みで。ただ妊婦には不向き。
大蒜・生姜は卸しても、スライスでも、叩き潰すだけでも可。胡瓜だけでなく、色んな野菜も合わせる事できる。いんげん・人参・カリフラワー・大根など。硬い野菜は3分位煮る事。甘さは自分の好きな甘さに調節してね。

今日はひよこ豆のカレーの付け合わせに使用しましたが、さっぱりしててとても美味でしたよ!可能で有れば、有機スパイスや有機調味料を使うと良いと思います。味がまろやかになるから。私は有機純米酢やオーガニックターメリックを使用しました!



胡瓜は適当な長さに切って、ワタを取り除いてくださいね!

枝豆とコーンのポタージュ




玉ねぎをオリーブオイルでさっと炒め
枝豆とコーンと海の精を加えさっと和え
蓋をして野菜から汗が出てくるまで蒸煮
昆布出しを加え蓋をして10分程煮ます
豆乳とホワイトペッパーで味を整え
数分煮てフードプロセッサーで撹拌
裏ごしすればより滑らかに。
暑い夏に程よく体を冷やしてくれる
絶品スープの出来上がりです


薩摩芋と生姜のコロッケ


丹原町ちろりん農園さんがお持ち下さった
有機薩摩芋と高知のみねざきファームさん
がお持ち下さった無農薬生姜でコロッケを

薩摩芋が沢山出回るこの時期皆さんもぜひ
作ってみてくださいね!

さつま芋      2本
玉葱  1/2個
生椎茸  6枚
生姜微塵切り   大さじ3
すり胡麻      大さじ4

小麦粉  適量
パン粉  適量
揚げ油  適量

,気弔洌鬚肋してつぶす。
▲侫薀ぅ僖鵑北を熱して、玉葱、椎茸、生姜を炒め、醤油、塩で下味をつけ、すり胡麻を加える。
さつま芋と混ぜ合わせ、12等分位にして小さく丸める。
ぞ麦粉→溶き地粉→パン粉の順に衣をつける。
イつね色に揚げて出来上がり。


Profile

愛媛県今治市玉川町にあるマクロビカフェです。

詳しくは

facebook.png

をご覧ください。

連絡先

MAGNOLIA(マグノリア)

〒794-0109

愛媛県今治市玉川町長谷甲1060-1

0898-55-4350

CafeMagnolia55@gmail.com

午前9時〜午後5時半

水曜日は定休日

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

others

mobile

サイトオーナー