TOP TOP

娘の親友に送った一冊の本

 

現代の人類が直面している最大の危機は

「人間性」が急速に衰弱し退化しつつ

ある事実です。

生命を生み出し育成する「環境」と

「食物」の二大要因が

近代の技術商業文明によって汚染され

混乱した結果

地球上に「生物学的生理学的ノアの洪水」が

民族、国家、宗教、職業、家族の別なく

浸々として広がりつつあります。

 

戦争・貧困・病気・犯罪や

幾多の社会現象に心身の不健全

家庭の崩壊など多数の個人的な不幸は

すべて「環境」と「食物」に起因します。

 

ーーー中略ーーー

 

この本を通じて

毎日の生活環境をただし

食事を正しくして

必要な時には医療や

代替医療の協力をえて

身心の健康を回復され

平和にみちた心性

高い愛に輝く精神性を

自然に開発して

いつの日か全人類の進化の道を

歩みはじめるように願っています。

 

2005年5月17日

ボストンにて

久司 道夫

 

 

序文にそう書かれた600ページ近くある

この書物を何度読み返したことだろう

 

マクロビオティックという食事法に出逢い

ご主人の癌を治癒した佳代子さんの体験を

目の当たりにして自分も絶対に実践する!

と娘の出産を機に鼻息荒く(笑)始めた

食事法。色んな本を読み漁ったけれど

頼りになるのはやはりこの一冊だった。

 

小学生の時に母を亡くした娘の親友に

中学生の時娘とお揃いの手袋を作って

プレゼントしたことをずっと覚えていて

生まれて初めて自分の稼いだお金で

私に小さなプレゼントを贈ってくれた

 

その彼女が卒論のテーマに

「食物と精神疾患の関連性」と

題して卒論を書くという(@@)

 

聞いた途端に助言をしたくて

したくてしょーがない(笑)

私が最も影響を受けた久司先生の

珠玉の一冊を送る。

 

私にとって宇宙人のような

久司先生の一冊が

彼女の人生をより豊かに

するものでありますように

そう願いながら・・・。

 

久司 道夫

1926年和歌山県那賀郡に生まれ

東京大学法学部および同大学院終了後

1949年に渡米。

コロンビア大学大学院で国際政治学を専攻。

アメリカの研究生活を通じて

人類が平和な心を持って

健康に暮らすためには環境と

食生活が大事であるという信念に至り

「マクロビオティック」の研究と

実践をおこなうようになる。

2014年12月死去

 

あらゆる疾病への「食物」による

対処法が書かれています。

「家庭の医学」の代わりに

ぜひご家庭に置かれてみては

いかがでしょうか?

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Profile

愛媛県今治市玉川町にあるマクロビオティックカフェです。

詳しくは

facebook.png

をご覧ください。

連絡先

MAGNOLIA(マグノリア)

〒794-0109

愛媛県今治市玉川町長谷甲1060-1

0898-55-4350

CafeMagnolia55@gmail.com

午前9時半〜午後5時半

カフェ営業 木〜日

定休日 火・水

毎週月曜料理教室

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

others

mobile

サイトオーナー