TOP TOP

祈りとともに


ここ最近の自然災害を目の当たりにする度
いつも思い出すのは東日本大震災翌年に
立教大学で開催されたシンポジウムでの
「地球交響曲」龍村仁監督の言葉

「地球交響曲(ガイアシンフォニー)」は
イギリスの生物物理学者ジェームズ・
ラブロック博士の唱えるガイア理論
「地球はそれ自体がひとつの生命体である」
という考え方に基づき龍村仁監督によって
制作されたオムニバスのドキュメンタリー映画

日々激化する天候異変・不況の波
誰でもが予感しているように
今全人類が遭遇している危機は
個人のレベルを遙かに超えた
全地球的、全生命的規模のもの

このような状況下
ひとりひとりの個人としてしか
生きられない私達は
一体なにを為し
どのように生きればよいのか

その答えを導き出してくれる映画です


たとえ明日世界が終わりになろうとも
今日私は林檎の樹を植える



マルチン・ルターの言葉どおり
私達の孫や曾孫の世代が
たわわに実った甘い林檎の実を
手にする日を想って作られた映画

マグノリアでも第7番を
2011年に自主上映

あれからいくつもの
自然災害を目の当たりにし
自らの無力さを感じながらも
自分に出来る精一杯の生き方を
そう思いながら生きてきました

シンポジウム講演会中、龍村監督は
溢れかえる情報に翻弄されることなく
本質を見極め
日々生活し続けることの大切さを
第4番に出演した世界的なサーファー
ジェリー・ロペスの言葉
「Don't panic, keep paddling」を
引用して語られたこと

ルターの言葉どおり
自分の出来ることを
自分の場所で
平常心を保ちながら
行っていくこと

それが私達に出来る最善の方法なのだと
そう確信させてくれた講演会でした

同じ年マグノリアで初めて開催した
アーサー・ビナード氏の講演会
そして愛媛で初めて開催された
大江健三郎氏の2013年講演
「なぜ今希望を語るのか」にも参加

思えば東日本大震災ほど
私達が今何を想い
どう生きるべきか
深く考えさせられた出来事は
無かったように思う

全ては繋がっている
そう確信した一年


繰り返し起こる自然災害に
自分の無力さを感じながらも
私達の後に続く世代が
たわわに実った甘い林檎の実を
手にする日を想いながら
与えられた場所で自分に出来る
精一杯を尽くすしかない


私自身にできることは
「食」を通して自らを整え
調和の中に生きる術を
ひとりでも多くの方に
お伝えすることだと信じて


とは言えパドリングが下手なのか
厳しさを実感する日々でもあり

ちっぽけな人間の思惑通りには
ならないものです

だからこそより良い社会を目指して
自分に出来る精一杯を!と
自らに言い聞かせる日々が続きます

甚大な被害を受けた皆さんが
どうか心安らかに過ごせる日が
一日も早く来ますようにと
穏やかな空気に包まれた玉川で
祈りながら



今日も一日為すべきことを終えて

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Profile

愛媛県今治市玉川町にあるマクロビオティックカフェです。

詳しくは

facebook.png

をご覧ください。

連絡先

MAGNOLIA(マグノリア)

〒794-0109

愛媛県今治市玉川町長谷甲1060-1

0898-55-4350

CafeMagnolia55@gmail.com

午前9時半〜午後5時半

カフェ営業 木〜日

定休日 火・水

毎週月曜料理教室

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

others

mobile

サイトオーナー