TOP TOP

私の好きな小豆南瓜の作り方


小豆南瓜は食養のお薬として
色んな作り方が紹介されいます。

今日は私の一番好きな小豆南瓜の
作り方をご紹介。


材料(2人分)

小豆  80g
昆布  6cm角
南瓜  200g
自然塩 2〜3つまみ


小豆を洗いたっぷりの水に浸ける。
昆布も一緒に6時間〜1晩浸水。

南瓜は一口大に切る。
昆布を1cm角に切って鍋底に敷く。

小豆と浸る位の水を入れ中火にかけ
煮立たせる。
水1/2カップ加えもう一度煮立たせる。
蓋をして弱火にし小豆が8割がた
柔らかくなるまで煮る。(約30分)
水が少なくなってきたら水を足し
一定の量を保つ。

小豆の上に一口大の南瓜を載せ
自然海塩2〜3つまみふって蓋をする。
南瓜が柔らかくなり汁気が飛ぶまで煮る。
(15〜20分)。

火を止めて数分蒸らして出来上がり。

*途中でかき混ぜたりしないこと

*土鍋で炊くとふっくら優しい味になります。



こんな感じにふっくら仕上がれば成功



夏場は小豆南瓜の寒天寄せを創ったり


冬場はスープに入れたり

腎臓のお薬として年中食したい小豆
でも体を冷やす砂糖たっぷりで炊くと
薬になるどころか健康を害してしまいます。

甘くて美味しい南瓜と一緒に炊くことで
砂糖も味醂も使わず自然海塩だけで
最大限の甘味を引き出せる。

マクロビオティックに出逢って
一番感動したのは甘味料を使用せず
(そして震えるほど甘く感じる)
豆の炊き方でした。

どのような食材と組み合わせ
バランスを取るのか
陰陽調和を図るのか
マクロビオティックは
教えてくれます。

子供たちは驚くほど豆が好き。
ことことことこと炊いた豆を
食卓に一品置く生活を
始めてみませんか?

これからも少しずつ少しずつ
私の好きな豆料理を
ご紹介していきます。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Profile

愛媛県今治市玉川町にあるマクロビオティックカフェです。

詳しくは

facebook.png

をご覧ください。

連絡先

MAGNOLIA(マグノリア)

〒794-0109

愛媛県今治市玉川町長谷甲1060-1

0898-55-4350

CafeMagnolia55@gmail.com

午前9時半〜午後5時半

カフェ営業 木〜日

定休日 火・水

毎週月曜料理教室

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

others

mobile

サイトオーナー