TOP TOP

乾椎茸の魅力

 

ご存じの通りマグノリアでは毎朝

昆布と椎茸で精進出汁をとります。

 

椎茸は乾燥によって細胞が壊れ

旨み成分が飛躍的に増えます。

水戻しするとき酵素が働き

さらに加熱すると旨みの強い

グアニル酸という物質が

生椎茸の約10倍も生まれます。

 

乾椎茸のグアニル酸は

昆布のグルタミン酸

鰹節のイノシン酸と共に

三大旨み成分とされ

日本食の美味しさを

支えています。

 

乾椎茸にたくさん含まれる

エリゴステロールという成分が

日光の紫外線に当たると

ビタミンDに変わります。

ビタミンDはカルシウムの吸収と

働きを助け骨や葉を健康に保つ

ということに役立つことから

骨粗しょう症を予防し

子供の骨の発達に重要な

役割を果たしているのです。

 

また乾椎茸には糖質を

エネルギーに変えるとき必要な

ビタミンB1や発育に不可欠な

ビタミンB2など

日本人に不足がちな

ビタミンB群も豊富に含まれます。

 

優れた食物繊維がたくさん含まれ

コレステロールの吸収をおさえ

高脂血症や動脈硬化を予防し

発がん物質など有害物質を

体の外に出す毒だし効果も。

 

また腸内の善玉菌の餌になって

善玉菌を増やし腸を元気にして

くれるばかりでなく便通も整える。

 

最大の薬効は免疫を高める働き!

 

β(ベータ)グルカンという食物繊維の

仲間も椎茸にたくさん含まれます。

免疫力を高めウィルスや病原菌から守り

インフルエンザや風邪を予防するなど

さまざまな働きが知られる物質です。

椎茸のβグルカンから取り出された

レンチナンはがん細胞の増殖を抑える

効果が認められています。

 

乾かすことによって常温長期保管でき

保存料も不要。

栄養価も味も格段に高まる乾物は

先人の知恵の集大成。

遠い昔から私たちの健康を支えてくれた

乾物の力を再発見してみませんか?

 

多くの乾物に共通するのは食物繊維の豊富さ

食物繊維は便秘解消から癌や心筋梗塞

糖尿病など深刻な生活習慣病の予防まで

幅広い効果があり第六の栄養素と呼ばれます。

 

乾物は戻すのが面倒と敬遠しないで

使ってみてはいかがでしょう。

水さえあればいつでも必要なだけ使える

こんな便利な食材はありません。

 

動物性のものを一切食さない

という人は稀なはず。

出汁だけでも純植物性にすると

体のバランス整いますよ。

 

ただその人の体調(陰陽のバランス)によって

摂る量にも気を付けなければなりません。

何を食すにもそうですが・・・。

 

詳しくは料理教室で!

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Profile

愛媛県今治市玉川町にあるマクロビカフェです。

詳しくは

facebook.png

をご覧ください。

連絡先

MAGNOLIA(マグノリア)

〒794-0109

愛媛県今治市玉川町長谷甲1060-1

0898-55-4350

CafeMagnolia55@gmail.com

午前9時〜午後5時半

水曜日は定休日

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

others

mobile

サイトオーナー