TOP TOP

我が家のホットチョコレート


有機無調整豆乳 200cc
オーガニックココア 大さじ1
メープルシロップ 大さじ1(?)

全ての材料を鍋に入れ超弱火にかける。
絶えず混ぜながらココアを溶かす。
温まったら出来上がり!


もちろん牛乳でも、アガベシロップでも。
ポイントは沸騰させないこと。
本当に美味しく、癖になる味。
作ってみてね!

超簡単!ヴィーガンパンケーキの作り方

 

 

無農薬全粒薄力粉 1カップ(約110g)

有機無調整豆乳  1カップ(約200cc)

アルミフリーBP  小さじ2

菜種油      大さじ2

自然海塩     ひとつまみ

 

材料全てをボウルで混ぜ合わせる。

鉄のフライパンで菜種油を温め

お玉ひとすくい流し入れる。

ぷつぷつとした泡が出てきたらひっくり返し

数分焼いて出来上がり。

これを繰り返し重ねた後

メープルシロップで召し上がれ!

 

バターはお好みで!

 

材料全て(鉄のフライパンも!笑)

マグノリアで販売しています。

 

美味しくて体に優しいパンケーキ

ぜひぜひ作ってみてくださいね!

豆乳チャイ

 

豆乳チャイ

 

材料(4人分)

 

        250ml

紅茶葉      大さじ2

 

豆乳       500ml

生姜       大さじ1(すりおろし)

カルダモン    2粒(皮と中身に分けておく)

シナモンパウダー 小さじ1/

黒胡椒      小さじ1/

 

甜菜糖      大さじ4(好みで)

  • 片手鍋に水を入れて強火にかけ、沸騰したら紅茶の葉を加え3分ほど煮る。
  • 豆乳、生姜、カルダモン(皮と中身)、シナモンパウダー、黒胡椒を加え、10分ほど煮る。
  • 茶漉しで茶葉とカルダモンを濾し、仕上げに甜菜糖(好みで)を加えて出来上がり。

 

オーガニックダージリン、オーガニックスパイス、

有機無調整豆乳すべてマグノリアで販売しています。

ほんのひと手間と良質の材料で極上チャイをいかが?

 

 

私の好きな小豆南瓜の作り方


小豆南瓜は食養のお薬として
色んな作り方が紹介されいます。

今日は私の一番好きな小豆南瓜の
作り方をご紹介。


材料(2人分)

小豆  80g
昆布  6cm角
南瓜  200g
自然塩 2〜3つまみ


小豆を洗いたっぷりの水に浸ける。
昆布も一緒に6時間〜1晩浸水。

南瓜は一口大に切る。
昆布を1cm角に切って鍋底に敷く。

小豆と浸る位の水を入れ中火にかけ
煮立たせる。
水1/2カップ加えもう一度煮立たせる。
蓋をして弱火にし小豆が8割がた
柔らかくなるまで煮る。(約30分)
水が少なくなってきたら水を足し
一定の量を保つ。

小豆の上に一口大の南瓜を載せ
自然海塩2〜3つまみふって蓋をする。
南瓜が柔らかくなり汁気が飛ぶまで煮る。
(15〜20分)。

火を止めて数分蒸らして出来上がり。

*途中でかき混ぜたりしないこと

*土鍋で炊くとふっくら優しい味になります。



こんな感じにふっくら仕上がれば成功



夏場は小豆南瓜の寒天寄せを創ったり


冬場はスープに入れたり

腎臓のお薬として年中食したい小豆
でも体を冷やす砂糖たっぷりで炊くと
薬になるどころか健康を害してしまいます。

甘くて美味しい南瓜と一緒に炊くことで
砂糖も味醂も使わず自然海塩だけで
最大限の甘味を引き出せる。

マクロビオティックに出逢って
一番感動したのは甘味料を使用せず
(そして震えるほど甘く感じる)
豆の炊き方でした。

どのような食材と組み合わせ
バランスを取るのか
陰陽調和を図るのか
マクロビオティックは
教えてくれます。

子供たちは驚くほど豆が好き。
ことことことこと炊いた豆を
食卓に一品置く生活を
始めてみませんか?

これからも少しずつ少しずつ
私の好きな豆料理を
ご紹介していきます。

蓮根ソテー 甘酢餡葱ソース

 

蓮根が美味しい季節になると

必ず作るお料理です。

 

蓮根を丁寧に洗い1cmの輪切りにして

水分をよく取っておきます。

 

葛粉(もしくは片栗粉)を輪切りした蓮根に

丁寧につけていきます。

 

鉄の(←これ重要!)フライパンに

たっぷりの菜種油を敷き弱火にかけます。

 

蓮根を並べ、鉄の(←これ重要!笑)蓋をして

じっくり弱火で両面焼いていきます。

 

その間に甘酢餡葱ソースを作ります。

大体蓮根一節分の分量です。

 

水(できれば浄水) 大さじ3〜5

醤油(できれば無農薬醤油) 大さじ2

酢(できれば有機純米酢) 大さじ2

メープルシロップ(できれば無農薬のもの)大さじ2

 

全てを鍋に入れ一煮立ちさせてバッドに入れておきます。

たっぷりの小口葱をその中に入れておきます。

好みで白すり胡麻(出来れば有機のもの)を加えても可。

 

蓮根が両面焼きあがったら熱いうちに

葱ソースの中に入れます。

こうすると葛(片栗粉)のとろみが

ソースに絡んでとても美味しくなりますよ。

 

 

体を温める根菜類も長時間煮るだけでなく

少しの工夫で食べやすくなるものです。

老若男女問わず誰でも好きな甘酢餡。

こんな風に蓮根にも使っていただけますよ。

 

お弁当のおかずにも最適です。

ちなみにこの甘酢餡で蓮根ボールや大豆唐揚げの

味付けもしたりします。

 

根菜の陽性をちょっとだけ軽くしてくれる

誰でも食べれるレシピのご紹介!

 

ぜひご家庭でもお試しくださいね!

 

ちなみに瀬尾お勧めの鉄の蓋付フライパン

アマゾンで今安売りしているみたいです。

以前マグノリアで買われた方本当にごめんね。

 

LODGE(ロッジ) NEWロジックコンボクッカー LCC3→ 

 

今後も皆さんのお役に立つ情報を

発信していきたいと思っています。

引き続き応援してくださいね!

 

 

梅醤葛


昨日ご家族とマグノリアにお越しくださりながらも、体調不良で何も食べられなかったお客様に、梅醤葛を作って差し上げました。とてもお腹が温かくなり、スープも召し上がっていただけました。 夏中冷たいものをお腹に入れてお腹がすっかり冷え切っていたご様子。そんな時ぜひ試していただきたいのが梅醤葛です。ご要望が有ればいつでも作ります。声をかけてくださいね。


葛の効能と梅醤葛の作り方

マグノリアの手作りソース


マグノリアではソース類は毎日手作り。
良質の食材で手作りしたソースは
食材を際立たせますよ。


醤油甘だれ
日本酒    大さじ1と1/2
無農薬醤油  大さじ1
甜菜糖    大さじ1

甜菜糖をメープルシュガーに変えても可
たくさ煮詰めて作り置きしておけば
豆腐ステーキソースや天丼のつゆや
揚げ物のソースにも!
食欲の進む一品ですよ。


梅ソース
無農薬梅干し     3個
無農薬林檎ジュース  50cc位

無農薬梅干しの種を取り除き
すり鉢ですって無農薬林檎ジュースを
少しずつ足していくだけのシンプルで
美味しい梅ソース。
マグノリアでは蒸野菜や茹で野菜に。


胡麻ソース
昆布出し汁
白練り胡麻
無農薬醤油

もうねえ、これは軽量したことが
ありません(笑)
昆布出し汁に白練り胡麻を1対1
位で足して最後に無農薬醤油で
味付けするだけのシンプルで
美味しい胡麻ソースです。

お料理のバランスを見て蒸野菜を
梅ソースにするか胡麻ソースに
するのか決めてます(笑)


ノンオイルドレッシング
昆布出し汁   大さじ2
有機純米酢   大さじ2
無農薬醤油   大さじ2

揚げ物がメインの時にさっぱりと
海藻や柑橘を食べたい時使います。
昆布出し汁が無い時は水でも可。
その場合は良質の昆布茶を使うと
コクが増して美味しいですよ。
マグノリアでは真昆布の昆布茶
使っています。
昆布出し汁が羅臼昆布出し汁の
時はあえて昆布茶は使用しません。


柑橘ソース
柑橘果汁  
無農薬醤油

柑橘果汁に対して1/3〜1/5の
無農薬醤油を足して混ぜるだけ

マグノリアでは大豆唐揚げなどに
使用していますが魚介類の毒消しにも
なる万能ソースです。
旬の柑橘が手に入った時には
無農薬醤油と果汁だけでぜひ
作ってみてね!


醤油とマスタードのドレッシング
菜種サラダ油     半カップ
有機純米酢      1/4カップ
無農薬醤油      大さじ2
白みそ        大さじ2
メープルシロップ   大さじ2
ディジョンマスタード 大さじ1
玉ねぎ        1/4個
生姜         50g

マグノリアでも販売していますが
作り置きしておくとサラダが絶品に!

材料は良質のものを使わないと
マグノリアと同じ味にするのは
難しいです。
ちなみに無農薬ディジョンマスタード
こちらお勧め!



ひとつひとつの食材は高価でも
ソース類を手作りすることで
市販の瓶入りドレッシングを
買わなくて済み台所も冷蔵庫も
すっきりと片付きます。


我が家の台所の調味料はたったこれだけ!

そして冷蔵庫に手作りソースを保管。
良質の調味料さえ揃っていれば
ほんのひと手間で極上ソースが
できること、そしてお家が綺麗に
いつも片付いていること
間違いなしです(笑)

ぜひソース類手作りしてくださいね!
 

美味しい美味しい大豆唐揚げの作り方!


まず大豆を柔らかめに茹でこぼします。
(大豆は前夜から浸水しておく)



ざるにあげて茹で汁は取っておきます。



茹で汁を取り除いた大豆をすり鉢で潰します。
多少つぶつぶ感あった方が美味しいです。



茹で大豆重量の約1/4量の玉ねぎを粗みじん。



茹で大豆と玉ねぎをバットに入れよく混ぜ平らに伸ばす。1/4量を別のボウルに取り、空いた部分へ無農薬全粒強力粉を入れる。取り除いた大豆と玉ねぎをバットに戻し、自然海塩を好みの量入れる。茹で汁を加え好みの硬さ(柔らかさ)に調整。良質の油で揚げたら出来上がり!



仕上がりはこんな感じ!

今日はゆずソース(無農薬醤油・米飴・柚子絞り汁)でいただきました。みかんや酢橘でも美味しいですよね。


因みにこの作り方でひよこ豆のナゲットや摩り下ろした蓮根で蓮根ボールなども作れます。

ひよこ豆のナゲットなどは、ハーブを入れたり、クミンシード入れたりして、少しエスニックに仕上げると楽しいですよ。

ポイントは全粒強力粉を使うこと。
サクッとしたナゲットになります。

ご家族4人分だと2〜3カップの大豆(ひよこ豆・蓮根摩り下ろし)で十分かと。
お試しあれ(^з^)-☆

夏に美味しい純植物性コーンポタージュ


とうもろこしが出始めましたね

今日はこれからの季節
火照った体を冷やしてくれる
純植物性コーンポタージュを
ご紹介します



良質の菜種油 大さじ1
玉葱 約200g
コーン 約200g
ジャガイモ 約50g
昆布出し汁 約500cc
自然海塩 適量
白胡椒 少々
豆乳 好みで



玉葱は粗みじん切り
コーンは身の部分だけ
ジャガイモは一口大に

鍋を中火にかけ菜種油を温める
玉葱を入れさっと炒める
コーンとジャガイモを入れ自然海塩を少し振り入れ
蓋をして中火のまま約3分蒸し煮
(蓋から水滴が滴り落ちるまで)
蓋を開け昆布出し汁を注ぎ入れ中火で
沸騰させ数分間煮立たせる
(野菜の陰性を抜くため)
蓋をして弱火で15分程煮る

粗熱が取れたらフードプロセッサーで撹拌
粒つぶ感が好きな人は半量
滑らかにしたいなら全量

鍋に戻し自然海塩と白胡椒で味付けし
弱火で約5分煮る

甘さが欲しい場合は豆乳で調整


暖かくても冷たくても美味しい
コーンポタージュの出来上がり!


マクロビオティックでは
ジャガイモはとても陰性な野菜で
多用しませんが皆さん仙人のような
生活をされている訳ではないので
牛肉の毒消しになるジャガイモは
ふんだんに使ってください

マクロビオティックを学び始めて
危険なことは最初肉、魚を除くので
野菜の調理時間も長く味付けも濃い

そこに動物性のものを食べると
体が陽性化して悲鳴をあげます

大切なのはバランスです

玄米菜食オンリーな方は
長時間の煮込み料理を
せっせと食べてください
でも年中それを続けると
生理が無くなったり
体が悲鳴をあげることを
覚えておいてください

陰陽のバランスを考えながら
食事を作る そんなことを
マグノリアではお教えしています

残念ながら秋の料理教室は満席ですが
お店に来られてご質問くだされば
どんな質問でも答えます
お気軽に声をかけてくださいね

芽ひじきと胡瓜のレモンマリネ


冬の海藻ひじきを夏場にあっさりと
食べたい時ありませんか?

そんな時にぴったりのレシピ
ご紹介します



芽ひじき 25g
醤油 大さじ2
メープルシロップ 大さじ1

胡瓜 1〜2本
自然海塩 少々

レモン汁 小さじ1〜1半
白胡椒 少々(好みで)

芽ひじきを洗い水をしっかり吸うまで置く

フライパンに戻した芽ひじきと醤油、メープルシロップを入れ、丁寧に和えながら5〜6分味がしっかり馴染むまで炒める

胡瓜は薄い輪切りにして塩少々振り、暫く置いて絞る

芽ひじきの粗熱が取れたら、胡瓜と合わせ、レモン汁と白胡椒少々で味つけ

冷蔵庫で冷たく冷やして召し上がれ!



娘のお弁当にもよく入れる一品です。
ひよこ豆の水煮を入れたり、
さっと茹でたしめじを入れたり、
アレンジ次第でどんな体調の人でも
夏場にさっぱりとひじきをいただける
美味しい夏の海藻料理です。

ぜひ、お試しください(^ ^)


*マグノリアでは無農薬原料の調味料で作っています。かなり味に差が出ると思いますので、良い材料をお使いくださいね。

Profile

愛媛県今治市玉川町にあるマクロビオティックカフェです。

詳しくは

facebook.png

をご覧ください。

連絡先

MAGNOLIA(マグノリア)

〒794-0109

愛媛県今治市玉川町長谷甲1060-1

0898-55-4350

CafeMagnolia55@gmail.com

午前9時半〜午後5時半

カフェ営業 木〜日

定休日 火・水

毎週月曜料理教室

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

others

mobile

サイトオーナー