TOP TOP

世界一のレストラン

 

センター試験もひと月後となり

疲れ切った娘の体を整えるために

松山の治療院へ向かう

 

途中、私にいつも新しいイメージというか

道を示してくれる料理本と出逢わせてくれる

重信の蔦屋書店に立ち寄り6畳ほどの

料理本コーナーで1時間は本を眺めたろうか?

 

何気なく開いた「世界一のレストラン」という

タイトルの本の料理の画像に目が釘付けになる

シェフの軌跡やその哲学的な思考を辿る

料理本コーナーには珍しいほとんど文章だけの

分厚い本。

 

この画像を見ただけで

「この一冊は買わなくてはいけない」

そう直感し高額だったけれど購入。

 

娘の整体を待つ1時間の間

世界一のシェフが48時間の

東京滞在を綴った個所に

目が釘付けになりひとり唸る。

 

 

もし厨房で毎日何をしてるのか?

と聞かれたら情熱と歴史を

現代的な思考を通して詰め込んでる

そう答えるとシェフは言う。

食べ物とは食材のクオリティだけによらず

思考のクオリティにもよるもの。

彼が厨房で注意しているのは

自然の美が創り出す形状から

来るアイディアを見つめること。

この作業は非常に重要だと。

自然の美と技術とアートの力を結びつけ

不可視なものを可視化して

食べられるようにすることなのです。

 

 

料理人に大事なことは4つある。

スピード、技術、反射、役割だと

彼は言う。

 

スピードは身体的スピードだけでなく

思考のスピードも重要。

思考のスピードとは人生における

選択に影響を及ぼす。

身体的なスピードは厨房においては

料理を変える力があり正確さも

スピードに左右される。

 

そして技術。

技術の無い料理は全て即興。

技術があれば私たちは自分の運命を

創り出すこともできる。

表現の自由

謙虚で厳格な方法論での成長の自由

成長するには決して手抜きは許されない。

毎日何かしら新しいことを覚える。

 

反射とは筋肉や思考、直観と

結びついた運動。自分自身が

何者であるのか、直観や決断に対し

どの程度明確であるのかを教えてくれる。

予期せぬ状況でも自動的に判断させてくれる

感情であり、創造力の一部だと彼は言う。

 

そして役割。

バレーボールでポジションが重要なことと一緒。

全てのプレーヤーは自分の役割を正確に

知っていなければならないし絶対のルールに

従わなければならない。

どのパートにも決まった役割があり

持ち場があり、動線があり、目的がある。

ストレスやプレッシャーを乗り越えて

完璧ないただきへと到達することも可能に

してくれるのだと。

 

厨房にも勝敗はあり日々の営業は試合。

輝かしい成績をおさめる日もあれば

そうでない日もある。

大切なのは心と頭脳をもって

日々新しい試合に臨むこと。

前進し成長するには自己批判の精神も大切。

自分自身に対する信頼を失わないよう

全ての試合に勝ちたいという野心も必要。

疲労に打ち勝ちどんな障害も乗り越えると

人生における最大限の達成感へと変わる。

その成功を他者と分かち合えなければ

達成感は味わえない。

だからチームワークは非常に重要なのだと

世界一のシェフは言います。

 

ひとりでは成し遂げられないことを

佳代子さんやスタッフたちとなら

不可視なものを可視化できる

そんな風に奮い立った一日でした。

 

ただレシピを教えるだけでなく

料理をするということの哲学的な側面や

生きる上での姿勢を教えられたような一冊。

 

この世界一のシェフも一時

ニューヨークのイタリアンカフェで

働いてた時期があったということにも

大きな希望を抱きました。

 

マグノリアのお料理の進化に乞うご期待!

 

今日も娘が手伝ってくれました


甥に貰ったアディダスのスポーツ時計で
あらゆる試験に臨んできた娘のために
四半世紀前に父が買ってくれた時計を
松浦さんに修理してもらいました。



美しく蘇りこれからは娘の時を
優しく刻んでくれることでしょう。

「プレ合格祝い」と手渡すと
「絶対受からんといかんやん〜!」と 娘。
受かって貰わんと困るんですけど(・_・;

「秀才には時計が似合う。」
と佳代子ちゃん(笑)

秀才は今日も元気にマグノリアで
お手伝いしてくれました!



佳代子さんも私も楽しみにしている
日曜日が終わり明日は料理教室。

カフェの営業はございません。

14日(木)〜17日(日)まで
元気にカフェ営業しています。

体と心を整えにいらしてください。

美しい朝です

日本百名山のひとつ楢原山にも雪

 

そして楢原山と我が家を照らす朝陽

 

すっかり寒くなりましたが

この美しい景色とともに

皆さんのお越しをお待ちしています。

マグノリアの振り子の時計


覚えてらっしゃいますか?

NHKプロフェッショナルでも取り上げられた
世界中から時計の修理依頼が殺到する
時計職人松浦さんに時計修理を依頼した昨秋。

修理が終わり松浦さんが来られ
ドイツ製振り子の時計をマグノリアに設置。

どのように扱えば
物がその期待に応え
長く働いてくれるのか
丁寧に教えてもらい
今まで物を物としてだけ扱っていた
自分の在り様を反省させられました。

「度重なる引っ越しで壊れたんだろうねえ、
ここが安住の地だねえ。」
そう優しく仰ってくださる松浦さんは
本当に神様のお手伝いをされてる方なんだ
そう思いました。

優しい振り子の音色聴きにいらしてくださいね。





今日から元気に営業中!


今年のカフェ営業残すところ12日
木曜日から日曜日まで元気に営業!
料理教室は残り6回です。

昨年購入した小さかったモミの木も
オーナーより随分背が高くなり
マグノリアのシンボルツリーに
なるのかな?

今日から日曜日まで元気に営業してます。
来てね(^ ^)

一日の終わりに


レジを閉めながら感じるものあり
ふと目をやると空に月






美しい月夜です。

今年一番の冷え込みの朝



朝起きると我が家は零下

ストーブをつけ

お弁当を作り

外へ出ると

車は凍り

霜で真っ白。


車を温めて

駅まで娘を送り

少しだけ朝の散歩。


























美しい美しい冬の朝でした

玉川の美しい風と空気に包まれに
マグノリアにいらっしゃいませんか?

とても嬉しい夜でした



娘が卒業した高校で先日受けた
模試で30万人中1位という
快挙を、国語だけですが、
成し遂げました。

昨年何となく受けた大学
不合格になって
本当に良かったと
今は思います。

本当に学びたいことは何か?
それを学ばせてくれる大学は
どこなのか?

じっくり時間をかけて考え
それに向かって努力する
時間を与えて貰ったことは
とても大きな意味があった。

不合格の烙印を押されたことは
彼女にとっても私にとっても
胸の痛む出来事でしたが
そこから学び得たことは多く
人生に起こるすべてのことに
無駄なことは何一つ無い。

人間万事塞翁が馬とは
よく言ったものだと
そう感じ入る夜。

まだ志望校に合格した訳で無く
喜んでる場合では無いのですが
人生で一度だけでも日本一に
輝いたことを今夜だけでも
頑張った娘と共に
素直に歓びたいと思います。

どんな逆境も自分を更なる成長へと
導いてくれる肥やしなのだと信じて
私たちも日々頑張って生きましょう!

生まれて初めての失態


お弁当にご飯を入れ忘れるという!
失態を演じた朝。

敬愛する大江健三郎氏が
「日本文学の最高傑作」と賞賛した
私のバイブルを読みながら
気付けばお昼過ぎまで眠ってた。

よほど疲れていたのか。

いつもの散歩道の草花が
優しく労ってくれた午後でした。












マグノリアからほんの少し
足を伸ばすと豊かな自然が
迎え入れてくれます。

マグノリアの体に優しいご飯と
玉川の自然に
癒されにいらっしゃいませんか?

本当に大切なことは

 

本当に大切なことは

表面上の美しさだけではない

 

私たちの内側奥深くに在る

生きる力なのだと

一本の稲が教えてくれる

 

 

ご家族に不幸ごとがあり

稲づくりをやめた田んぼ

 

荒れ果て それでも

周囲への配慮か

除草剤を蒔かれ

土も命も疲弊しているはずなのに

美しい命を実らせる

 

環境に支配されてはならない

どんな場所でも どんな時も

美しい実を実らせるのは

あなたの生きる力

 

そんな風に聴こえてきた冬の朝

 

 

表面上の美しさだけでは

表現することの出来ない

命の輝きをすべてのお料理に

表すことができますように

 

そう祈るような朝でした

 

Profile

愛媛県今治市玉川町にあるマクロビオティックカフェです。

詳しくは

facebook.png

をご覧ください。

連絡先

MAGNOLIA(マグノリア)

〒794-0109

愛媛県今治市玉川町長谷甲1060-1

0898-55-4350

CafeMagnolia55@gmail.com

午前9時半〜午後5時半

カフェ営業 木〜日

定休日 火・水

毎週月曜料理教室

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

others

mobile

サイトオーナー